環境への配慮

原料は天然素材

セロテープ®を作るための主な原料は「天然素材」です。

  • 木材チップセロハンフィルムのもととなる原料です。
  • 天然樹脂粘着力を持たせるために、松やに等の植物由来の樹脂を加えています。
  • 粘着剤天然ゴムを溶かし、天然樹脂を加えて製造しています。
  • 木材パルプ木材チップを薬品で溶かし木材パルプへと加工します。木材パルプを化学反応させると、透明なセロハンフィルムとなります。
  • 天然ゴム粘着剤の主成分です。ゴムの木の樹液を精製し凝固させたものです。

セロテープ®は植物系

静電気の発生が少なく紙を吸い上げません。巻心は再生紙。焼却しても安心。ISO14001認定の国内工場で生産。

石油系の透明テープとは基材が違います。

セロハンは、再生可能な植物資源である樹木(木材パルプ)を原料とした、天然素材のフィルムです。
粘着剤の主原料には天然ゴムや天然樹脂を、巻心には再生紙を使用しています。

セロテープ®はバイオマスマーク認定を取得

セロテープ®は、一般社団法人 日本有機資源協会が2006年8月から
本格運用を開始した「バイオマスマーク」の認定商品(認定番号: 050236)となりました。
セロテープ®の素材であるセロハンは、木材パルプを原料とした天然素材です。
粘着剤も天然ゴムと天然樹脂が主成分であり、焼却時に有害ガスを
発生することはありません。

セロテープ®は、発売した1948年から環境にやさしい循環型のエコロジー製品なのです。
日本を含め世界の多くの国ではセロハンに比べて強度や防水性の高い
プラスチックフィルムなどを利用した粘着テープが販売されていますが、これらの製品は
限りある資源の化石資源を原料としていると同時に、カーボンニュートラルな素材ではないため
焼却時に新規のCO2発生や有害ガス発生の問題も抱えています。
つまり、植物系のセロテープ®を使うことは、積極的に環境問題に取り組むひとつの
具体的方法と言えるのです。

※「カーボンニュートラル」とは、大気中のCO2の増減に影響を与えない特性のことです。
例えば木材は燃やすとCO2を発生しますが、成長時には大気中のCO2を光合成により固定するので、実質的にはCO2を増加させません。